クリック証券の評判・口コミ

クリック証券のなりたち

クリック証券のFXについての特徴について紹介します。
GMOインターネット証券が2007年12月に「クリック証券」と社名変更して新たなサービスを始め、「クリックFX」が登場し、独自のサービスとして業界内で確固たる地位を築いています。

もともとはIT企業であるGMOグループの「GMOインターネット証券」から始まったことから、ユーザーインターフェース(取引画面)がの使いやすく、高機能なツールが揃っているということが最大の特徴といえます。初心者でも安心して取引を始められるようにできているため、FXの人気が出始めた頃から多くのユーザーが利用してきました。

過去にはシステムトラブルも

「クリック証券」にも問題がないわけではありません。
例えば、2006年、GMOインターネット証券時代に大きなシステムトラブルが起き、「注文ができない」「ログインができない」といった状況になったのは記憶に新しいことです。

システム内でユーザーの取引内容を送信する際、送信処理でエラーが発生して、二重にデータが送られ、バックシステムのデータに不整合が生じ、障害したとのことでした。

他の会社でもシステムトラブルは起こる可能性があるので、口座を一つしか持っていないという方は、複数の業者で口座開設をいておいた方よいでしょう。

特徴

「クリック証券」の最大の特色としては、証券取引口座とFX口座間で資金移動がワンクリックで可能(リアルタイム)いうことです。資金移動の回数にも制限はありません。
FX取引では何度取引しても完全無料というのも心強いです。

しかしながら、自動ロスカットとなってしまったときだけは、1万通貨単位当たり500円の手数料がかるので注意が必要です。

「クリックFXツールバー」では、取引に必要な情報をいち早く取り込めるツールで人気があります。「はっちゅう君FX」、「モバトレ君」など、独自のツールが豊富なのも特徴です。